北ドイツ紅茶紀行 ♪

この日曜日は本校ChaTeaでお勉強して来ました

この夏北ドイツを旅してきた碧先生

碧先生が行かれるところは毎回紅茶つながり。

ドイツと紅茶???

ドイツのイメージはビールにソーセージ。ここ最近の健康指向でハーブティーに勢いがある…そんなところでしょうか

また明治政府も学んだ医学の分野が得意。ハーブティーもそんなところにつながりそうです。

最近は難民問題でも良くニュースで耳にするドイツです。

正直学ぶまで紅茶のイメージは私にはなく

DSC01218.jpg

先生が旅してきた北ドイツは今一番紅茶を飲んでいるのはないのか…という地域で、ひとり1日1リットルは軽く飲んでいる計算になるそうですよ~1リットルってすごいですよね

地理的には、北にロイヤルコペンハーゲンのデンマーク。西にオランダがあり、このオランダが鎖国時代の日本とも交易があり、かつて東洋貿易の玄関口になった国です。

また王様が長らく不在で、商業都市として発展してきた地域。

そんな地域では、まだ他地域が一部の特権階級だけが楽しんでいるお茶の世界が、早い段階で中産階級に降りており、貴重なティーシーンの絵画も残っているそうです。

そんな一地域で楽しまれているティースタイル。オストフリーランス地方での楽しみ方

collage_photocat248a.jpg

紅茶に生クリームと氷砂糖をいれて楽しむのですが、通常の紅茶に生クリームを入れてしまうと油っぽく、紅茶の味が負けてしまいます。

そのためのブレンドティーが必要!ということで、先生が買って来てくださった それ専用のブレンドティーたちのテイスティング

紅茶だけで飲むとただ渋いだけのお茶…それが生クリームをいれていただくと、途端に変身思ったよりべたべたしなく、さらりと飲みやすく、生クリームとのバランスの良さ。

その生クリームも濃さいろいろあるので、今回の生クリームでは負けてしまう子も…

改めてブレンドすることの意義もしみじみと

DSC01232a.jpg

ティータイムは、これまた先生が現地で買って来てくださった茶器で

通常のティーカップとデミタスカップの中間くらいの大きさのティーカップ。

また、必ずウォーマー付き。これらはほぼ北海道くらいの緯度に位置する寒い地方なので、お茶を冷めにくくする工夫なのだそうです。

茨城も冬の寒さは厳しいので、ちょっとこういう茶器があるとうれしいですね。小振りのティーカップを使うのはいいかも♪なんて

こちらの茶器は、ロイヤルコペンハーゲンを思わせるようなブルー&ホワイトか、素朴なバラ柄が好まれているそう

どちらもかわいい

もうひとつ重要なお勉強が「ハノーファー」

イギリスが今の苗字のような「ウィンザー」朝を名乗る前、英読みで「ハノーヴァー」朝と名乗っていた時代に遡ります。

ベーシッククラスの「紅茶の歴史」の中でお話しているクィーンアンに後継者がいなかったため、系譜を遡り、ドイツのハノーファーから王様を迎えるのです。

そして、この系譜は今にも続いているそうで、第一次世界大戦の時、ドイツと敵対したため、敵方の名前はまずいと、今のウィンザーに変えたのだとか。

今もハノーファーのこの地域は、ドイツの中のイギリス。お土産屋さんをのぞいてもユニオンジャックなどあったり、かなり特異的そう。

点と点でまるで別々だった知識が、すっと線でつながる幸せ

今回はいろいろ復習をしっかりしなければならないこともたくさんで

しっかりと知識を補完しつつ、まだまだ楽しい学びを続けます

いつも楽しいレッスンありがとうございます


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村最後まで読んで下さってありがとうございます。ポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

iku

Author:iku
紅茶が大好き♪
茨城県ひたちなか市で「紅茶を通して笑顔の日々を(*^^*)」をモットーに紅茶教室美瑠紅(みるく)をしています。
忙しい毎日の中の癒しのお時間であったり、仲良しとの楽しいおしゃべりのお供であったり…おもてなしにも♪
様々なシーンに寄り添ってくれるティータイム♪
もともと好きだったイギリスやガーデニングも紅茶と出会ったことによって、ますます大好きに♪
お菓子作りもイギリス菓子に興味津々。
紅茶から繋がった私の大好きたちを綴っていきます(*^^*)

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター