デミタスコスモス ~宝石のきらめき☆カップ&ソーサー~♪

先日のChaTeaでのお勉強の後の寄り道はこちらでした。

三井記念美術館のデミタスコスモス ~宝石のきらめき☆カップ&ソーサー~展

手のひらにのる程の小さなデミタスと呼ばれるカップたち。

そのカップに込められた、こだわりの技巧の数々にため息でしたもう今では再現不可能といわれているものもあるのですよ~

ただ単に「素敵ね~」ではなく、ちょっとばかり知識も増え、事前勉強もして、ひとつひとつ確認しながらの鑑賞

キャプションにも説明があるので、とってもわかりやすかったです。

三井記念美術館そのものも重要文化財

展示室前半は当時の面影を残す重厚な展示室。また輝きが違ってみえましたこれがすべて個人のコレクションなのだそうです。なんて素敵なのでしょう

collage_photocat13a.jpg

デミタスカップはコーヒー用のイメージがありますが、我が家は紅茶にも愛用しています。

とっておきの紅茶をほんの少し味わっていただきたい時。

はたまた読書のお供に

マグにたっぷりと用意して読書Timeなんてひと時も素敵ですが、お茶が冷めやすい気温の低い季節は、ポットにティーコージーをかけて保温しておいて、飲みたい時に温かいのを少しずつ…が幸せ

うちの子は今回のコレクションに遠く及びませんが、この子はティファニー社です。

お教室のウエルカムティーなどにも使用させていただいています

展示品の中に、それはそれは素晴らしいティファニー社のものもありましたよ

そうそう。ベーシッククラスの「紅茶の歴史」でお話していますチャールズⅡとジョージⅡの幼少期を描いたマイセンの絵皿(姉妹メアリ王女ととに描かれ「チャールズⅠの3人の年長の子どもたち」という作品です)も参考出品されていまして、思わぬリンクに、にんまりとしてしまいました

チャールズⅡ、こんなにかわいかったのですね~…なのに将来はツボでした(笑)

またこちらのデミタスカップの世界では、ガラスコレクションもあり、大好きなエミール・ガレやドーム兄弟の作品までありました

こうした美術館巡りは「話題だから」ではなく、やはり知識があって見に行った方が収穫が大きいですね

ルーブルも気になり中~しっかりお勉強してから伺えたらと思います


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村最後まで読んで下さってありがとうございます。ポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

iku

Author:iku
紅茶が大好き♪
茨城県ひたちなか市で「紅茶を通して笑顔の日々を(*^^*)」をモットーに紅茶教室美瑠紅(みるく)をしています。
忙しい毎日の中の癒しのお時間であったり、仲良しとの楽しいおしゃべりのお供であったり…おもてなしにも♪
様々なシーンに寄り添ってくれるティータイム♪
もともと好きだったイギリスやガーデニングも紅茶と出会ったことによって、ますます大好きに♪
お菓子作りもイギリス菓子に興味津々。
紅茶から繋がった私の大好きたちを綴っていきます(*^^*)

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター