今年のお味噌の仕込み♪

今年も冬の一番寒い時期の大仕事。お味噌の仕込み、無事終わりました

今年は上の子の体調不良で、彼は不参加かしら?と思っていたのですが、僕が元気になるまでしないで~と。

材料はあらかじめ予約しておくので、生麹のリミットが気になりましたが、ギリギリで

直前まで頭が痛い~と。でも、今日出来そう?と声を掛け始めた頃から、みるみる復調

直前のクリームティーでのティータイムでコンディションもバッチリ例のイギリス気分のクリームティーの後の作業なのでした(ブログ記事は←こちら)

そんなに楽しみにしていてくれるお味噌の仕込み。

実は結構重労働です

DSC01626.jpg

前夜にお水に浸しておいた大豆を圧力鍋でゆでます。

例年大豆1キロ分でしたが、最近は子どもたちの食事の量が増え、たびたび追加を実家からもらっていましたから、今年は倍の2キロ。時間も2倍!

…ですが、今年は、母がここまで準備しておいてくれました。母、ありがとう♪

DSC01637a.jpg

お豆をつぶします。いろいろな方法がありますが、我が家はお肉をミンチにするので挽きます。こうすると、お豆の感触つぶつぶが適度に残っているお味噌になります。

母がミンチの機械2台持ってきてくれましたので、仲良く並んで時間も短縮

母はいつも地域のお母様方と一緒に、教えながら作っているのです。

DSC01638a.jpg

みんなで交代交代に延々挽きます…私もお写真ばかりでなく、ちゃんと作業しましたよ~(笑)

挽けたら、麹をほぐし、お塩と一緒にします。この麹のほぐし具合も、のちのちの触感に関わりますから、お兄ちゃまが下の子に的確に「もっと!」と指示出しを。

幼稚園前からしているお兄ちゃまは、すっかり鍋奉行ならぬお味噌奉行です。私も「はいはい」勝てません~(笑)

DSC01646a.jpg

麹と塩が一緒になったら、今度は挽いたお豆と一緒に混ぜ混ぜ…ハンバーグの要領でお団子にして、空気を抜きながら樽に詰めていけば出来上がり

出来たお味噌は真っ白

ここから1年かけてゆっくり熟成して、あのお味噌の茶色い色になるのです。

DSC01648.jpg

そして。おまけ。お味噌作りの後のお夕食はいつもおうどん

作業が大変だからまなかいに…ではなくて、大豆のゆで汁をおつゆに仕立てて、材料無駄なくいただいているのです

ゆで汁といえど、栄養価がかなり高いのです。捨ててしまうのはもったいない。

大豆のほんのりとした甘さと、とろ~りとしたおつゆお味噌を作ったときのご馳走

食育ということを意識しているわけでなく、子どもの頃の当たり前の風景を結婚時に引き継いだだけですが、子どもたちにもこうした1年がかりのスローフードがあること。食べ物の大切さなどなど…いろいろ学びの場となっているようです

それぞれ子どもたちの出来る作業も年ごとにレベルアップし、そんな子どもたちの成長も楽しく

今年は下の子も去年以上に積極的に作業に加わり。お兄ちゃまも体調の悪い中のがんばり。今年のお味噌はいつも以上においしくなりそうです

そうそうこの次の日から、お兄ちゃま、無事に学校に復帰しました。我が家では「お味噌パワー恐るべし」と言っています


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村最後まで読んで下さってありがとうございます。ポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: タイトルなし

飛田さま♪コメントありがとうございます。
我が家もお味噌汁なしでは生きてはいけません~(笑)
子どもの頃から母の手作り味噌を食べいるので、市販はどうもしっくりせず、結局作り始めてしまいました(*^^*)

今日は♪
お味噌は、義母、隣のお婆様から頂いています。美味しいお味噌は、このような行程から出来るのですね。我が家は、主人が味噌汁無しでは食事が出来ないので、味噌への拘りが凄いんですよ!
プロフィール

iku

Author:iku
紅茶が大好き♪
茨城県ひたちなか市で「紅茶を通して笑顔の日々を(*^^*)」をモットーに紅茶教室美瑠紅(みるく)をしています。
忙しい毎日の中の癒しのお時間であったり、仲良しとの楽しいおしゃべりのお供であったり…おもてなしにも♪
様々なシーンに寄り添ってくれるティータイム♪
もともと好きだったイギリスやガーデニングも紅茶と出会ったことによって、ますます大好きに♪
お菓子作りもイギリス菓子に興味津々。
紅茶から繋がった私の大好きたちを綴っていきます(*^^*)

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター