曼荼羅さんとチャイ♪

先日母と晩御飯を楽しんで来た市内の曼荼羅さん♪

南インド料理屋さんということで、カレー料理中心にですが、お目当てはやっぱり大好きなお茶絡み

先日の産業祭で、すっかり子どもたちに飲まれてしまって、私は飲み損ねたチャイ。

お店に伺うと、デモンストレーション付きでいれてくれます

お写真ブレブレなのですが、雰囲気伝わるといいな~

DSC09533a.jpg

下の手に持っているジャグ状の器を、上の手にも持っていまして、チャイを威勢よく下のジャグにジャバーと落とし、また手を変えてジャバーと。何回か繰り返して、出来たチャイはふわふわな口あたり

まずはお砂糖なしで半分くらい。残りはお砂糖をしっかりいれて。よりコクが出ておいしいのです

手鍋で作ったミルクティーをこうしてあわあわにしているのですが、このあわあわにする作業、スリランカのキリティーで見かけます。

DSC09521a.jpg

スリランカでは冷蔵庫事情が良くないので、粉のミルクを使ってミルクティーを作るとき、良く溶けるようにそうするといいます。

チャイをこういう風にするのはかなり稀なのでは?

抹茶も点てて、あわあわにすると、渋みの強い抹茶がおどろく程まろやかになって、いただきやすくなります。

抹茶が渋くて苦手…という方は、きっとその点て方が上手でないパターンにあたってしまったのかなと思いますが…たぶんここのチャイもあわあわにすることによって、よりまろやかにいただきやすく、そんなところからかなと思います

ちなみにチャイイコールスパイス入りなイメージがありますが、スパイスが入るとマサラチャイといいます。

先日もレッスンでロイヤルミルクティーとの違いが話題にのぼりましたが、ロイヤルミルクティーの言い方そのものも和製英語で、あまりふたつに違いはありません。

強いていえば…がありますが、それはぜひレッスンで

どちらもこれからの季節にうれしい飲み物ですよね

作るのは「えっ!それだけ?」なくらい簡単♪ぜひこの冬のレパートリーに加えて欲しいな

さすがにここのデモンストレーションはこぼしそうで危険ですが

美瑠紅がお手伝いとなりましたらうれしいです

そうそうここのお料理も、食材ごとにスパイスを変えたこだわりのカレーに、オーブンではなく、タンドール窯という専用の窯を使って焼かれたナンにと、どれも本格的なので、遠く紅茶のふるさとインドを思いながら、もしお時間ありましたら楽しんでみてくださいませ

辛さも選べるので、辛いもの苦手でも大丈夫です


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村最後まで読んで下さってありがとうございます。ポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

iku

Author:iku
紅茶が大好き♪
茨城県ひたちなか市で「紅茶を通して笑顔の日々を(*^^*)」をモットーに紅茶教室美瑠紅(みるく)をしています。
忙しい毎日の中の癒しのお時間であったり、仲良しとの楽しいおしゃべりのお供であったり…おもてなしにも♪
様々なシーンに寄り添ってくれるティータイム♪
もともと好きだったイギリスやガーデニングも紅茶と出会ったことによって、ますます大好きに♪
お菓子作りもイギリス菓子に興味津々。
紅茶から繋がった私の大好きたちを綴っていきます(*^^*)

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター