スコットランド独立?

今日は敬老の日ですが、子どもたちにとってのおじいちゃま、おばぁちゃまはまだまだ元気で、まだ年寄扱いすると怒られそうで、いろいろ難しいですね~

お誕生日が近いので、そちらでごく自然にお祝い出来たらと思います♪

老の字がいけないのですよね。ご年配の方への敬意ではあるのですが、いろいろ難しいです

さて、今週18日は「ママのためのお茶会」day♪

そして、スコットランド独立か

投票日が近くなって、様々なメディアでも取り上げられるようになってきました。

投票日はちょうどお茶会の日の18日。今サマータイム中で時差マイナス8ですから、これからいよいよ投票が始まる…そんな時。

画像 076

上のお写真はスコットランドのエジンバラ城。

私が伺いました時、ガイドさんが「スコットランドの首都の象徴」と仰っていらしたのがとても印象的でした。

googleをひきましても、「4つの国のひとつである」と、エジンバラも首都となっていますものね。

紙幣も同じポンドではありますが、スコットランドオリジナルのものがあります。

もうすっかりイギリスのようでいて、独立した部分もあり、不思議の国スコットランドです。

DSC02848aa.jpg

そして、私たちがイギリスといったら思い浮かべる数多くのものは、実はスコットランド由来です。

スコーンにショートブレッド。タータンチェック…

黄色いパッケージでおなじみのリプトンの創業者。サー・トマス・リプトンもスコットランド出身。

スリランカ紅茶の父 ジェームス・テイラーもスコットランド出身。

いろいろとお茶周りの世界にも、スコットランドは大きく関わってきています。

単なるひとつのニュースではなくて、紅茶から世界へ。また世界から紅茶へ。ぜひいろいろご興味を広げていってみてくださいね。

大好きな紅茶の世界を、とことん楽しんでくださったらと思います

お茶会の日当日は、投票結果に、生徒さまとわくわくドキドキを共有して思いっきり楽しめたらいいな

今週もどうぞ良い1週間となりますように


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村最後まで読んで下さってありがとうございます。ポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

iku

Author:iku
紅茶が大好き♪
茨城県ひたちなか市で「紅茶を通して笑顔の日々を(*^^*)」をモットーに紅茶教室美瑠紅(みるく)をしています。
忙しい毎日の中の癒しのお時間であったり、仲良しとの楽しいおしゃべりのお供であったり…おもてなしにも♪
様々なシーンに寄り添ってくれるティータイム♪
もともと好きだったイギリスやガーデニングも紅茶と出会ったことによって、ますます大好きに♪
お菓子作りもイギリス菓子に興味津々。
紅茶から繋がった私の大好きたちを綴っていきます(*^^*)

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター