麗しのマイセン展♪

今日は笠間の県立陶芸美術館で開催中の麗しのマイセン展へ♪

4月から始まっていたのですが、なかなかタイミングが合わずやっと行けました

東洋からもたらされた磁器の世界。長らくその製法は謎のベールに包まれていたのですが、それを西洋で初めて解き明かしたのがマイセン窯。

以来、今日まで魅惑の作品を作り続け…かれこれ300年近くも続いている窯です。

DSC06983a.jpg

私たちが食器を迎える時は、大抵使うことを中心に、ティーカップやお皿から買うと思いますが、今回はフィギュアの世界を。

フィギュアといいますと、今の日本ではなんだか違うものを指す言葉になっていますが、磁器で作られたかわいいお人形たち♪

さすがにマイセン窯は高価ですが、小さなフィギュアひとつあると、ティーテーブルがとても華やかになります。ひとつくらいは持っていたいものです

そして、ポプリポットなどの壺たち。ティーカップやお皿ももちろん♪もりだくさんの誘惑の多い作品展でした

DSC06989.jpg

とても細かい細工のフィギアたち。なんてことないような作品ですら超絶技巧

今回は特にスノーボールを実際にこの目で見たくて

小さなお花が少しも欠けることなく、その磁肌を覆うように無数に咲き誇る、うっとりな作品。お写真で見るより何倍も美しく気品高い作品でした

あいにく図録が売り切れとのこと…

興奮のままの帰宅後のティータイムは、笠間駅前のグリュイエールさんの五穀ロール♪

小麦粉やバターの代わりに米粉、ゴマ油。お砂糖は和三盆。体に優しいロールケーキ。

グリュイエールさんは、学生時代の美術館巡りで、電車の時間調整で良く利用させてもらっていました。

今回思い出して、懐かしい味

せっかくなので、笠間焼のお皿に、手びねりの和ガラスにアイスティー

マイセンはまだまだ憧れの窯ですが、いつかそれ相応の時期が来たら…

麗しのマイセン展は今週土曜日13日まで。会期末までギリギリですが、もし良かったら皆さまも、普段お使いのティーカップたちのルーツ…は大げさかな?このマイセン窯があったからこそ、西洋磁器が花開いた、その魅惑の世界を楽しんでみてくださいませ


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

iku

Author:iku
紅茶が大好き♪
茨城県ひたちなか市で「紅茶を通して笑顔の日々を(*^^*)」をモットーに紅茶教室美瑠紅(みるく)をしています。
忙しい毎日の中の癒しのお時間であったり、仲良しとの楽しいおしゃべりのお供であったり…おもてなしにも♪
様々なシーンに寄り添ってくれるティータイム♪
もともと好きだったイギリスやガーデニングも紅茶と出会ったことによって、ますます大好きに♪
お菓子作りもイギリス菓子に興味津々。
紅茶から繋がった私の大好きたちを綴っていきます(*^^*)

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター