お茶道具の歴史♪

昨日はChaTeaの日でした♪

夕方からのレッスンでしたが、その前にいろいろ寄り道を楽しもうと、午前中からのお出かけ♪

実は昨日のお出かけは、夫からのご褒美♪子どものお誕生日って子どもだけがプレゼントもらうだけと思ってましたら、たまには僕がみるから行っといで~と。

午前中はあいにくの雨…あぁ今年に入ってからのChaTeaはみんな雨だわ~と思っていましたら、午後にはあがり、そんなところもご褒美っぽく

午前中は森アーツミュージアムで開催中のこども展へ。

ルノワール、モネなどのそうそうたる画家たちが商売っ気なしに、自分の子どもたちや身近な子供たちを描いた作品たち。

ピカソはやっぱり???がいっぱい付きますが、温かいまなざして描かれた子どもたち。

ほっこりとしてきましたよ

DSC06816a.jpg

途中建て替え中の叔父の家をのぞきに行き、いよいよChaTeaへ

お茶道具の歴史に魅了されてきました

お茶をいれるのに、日々接しているお道具たち

時として、ティーシーンをカジュアルにもフォーマルにも演出してくれます。

実際に見せて頂いた1700年代をはじめとする、貴重なお道具たちにはうっとり

時代ともにお道具も変遷していきます。あぁやっぱりここも、紅茶の歴史をより深く知っていた方が、納得する部分も多いことでしょう。

ティータイムで使わていただいた食器たちも貴重なもの。

ただかわいい食器たちだけではなく、より感慨深くより愛おしく

ご本にすぐ感化されるので、今ちょっとした紅茶の歴史がマイブーム

知識は、より愛を深めると思います

そして、そうした時代を経て、今の合理的なお道具たちが生み出され、お湯を簡単にすぐ沸かせる環境にあったり、使いやすいお道具があったり、今に続いているのです。

ケーキ皿の大きさも時代によって違うことを初めて知りました。それには当時のお砂糖事情が大きく関わっています。

ひとつ知ると、他のリンクする世界にも興味がわいてきて

紅茶の世界は興味が尽きません

現代の気軽にお茶を楽しめるお道具環境に改めて感謝です


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

iku

Author:iku
紅茶が大好き♪
茨城県ひたちなか市で「紅茶を通して笑顔の日々を(*^^*)」をモットーに紅茶教室美瑠紅(みるく)をしています。
忙しい毎日の中の癒しのお時間であったり、仲良しとの楽しいおしゃべりのお供であったり…おもてなしにも♪
様々なシーンに寄り添ってくれるティータイム♪
もともと好きだったイギリスやガーデニングも紅茶と出会ったことによって、ますます大好きに♪
お菓子作りもイギリス菓子に興味津々。
紅茶から繋がった私の大好きたちを綴っていきます(*^^*)

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター